ヽ(`Д´)ノ


by raa511

<   2008年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

最近、ようやく周りで話題の「ヒーローズ/HEROES」(NTVで木曜深夜に放映中)にはまりつつあり、そんな状況で読んだ「パラダイス鎖国(=斜陽し、関心が内向きになってきている「日本」というシステムについて希望を含めて論じている本)」に、Hiro役のマシ・オカ氏の話題が出ていたので、ふと思い立ってWikipediaで調べてみたら、生い立ちなどいろいろわかった。

日本で生まれ、6歳の時に母親につれられて渡米し、ジョージルーカスのSFXスタジオ「ILM」でコンピュータエンジニアとして働きつつ、Heroesのオーディションを受けて合格。しかも「MONSTER」など、浦沢直樹Animeが大好き。

マシ・オカ - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%82%AB

この人は何者なんだろう、なんとなく怪しいなぁと思っていたのに、Wikipediaで人物背景がわかって一気にファンになりました。怪しんでゴメン、オカちゃん。そしてありがとう、Wikipedia。

TV放映の最後でオカ氏のインタビューもたまたま見ました。
最近のアメリカでの日本のイメージは
Japan -> Akiba, Anime -> geeky city -> 超オタクで、かっこいい -> Otaku, yeah!
みたいでそのイメージがHeroesに影響してるって言ってました。ましてや、Heroesはコミックを重要なモチーフにした作品だけに日本人役のHiroが特大フィーチャーされる結果になったんだろうなぁ、とドラマの全貌をやっと理解。

しかし、一方で悲しいのがほんの少し前までは
Japan -> Sony, Panasonic -> 高性能電子機器つくる国 -> Super high-tech products, yeah!
だったはずなのにそれが過去のイメージになりつつあること。

で、「パラダイス鎖国」でも言及されていましたが、アメリカ、特に西海岸の昨今の隆盛はハリウッドの映画産業とシリコンバレーIT産業の、お金的、人材的、アイディア的交流という相乗効果要因も大きいとのこと。

ということは、やはり世界から見てもしっかり特徴が立っているAkiba的、Anime的(Ghost in the shellや最近だと電脳コイル)な強みとのランダムな連携で打って出る「Otaku開国」的な流れを意識したほうがよいのだろうな、って思った次第。そうしようぜ、ニッポンITの皆様。
[PR]
by raa511 | 2008-06-10 05:36 | ITトレンド