ヽ(`Д´)ノ


by raa511

我輩は猫ですが、なにか?

青い空。差し迫る期限。ふと、8/31に徹夜で夏休みの宿題を全部やった小5の夏を思い出した。特に読書感想文がつらかった。んで、下記はたまたま見つけた新時代の「我輩は猫である」のような作品。描写が実にうまくて煮詰まった心にしみる(猫が描写する夏目漱石方式)。

「彼女と彼女の猫」 季節は春の始めで、その日は雨だった...
http://meta.yahoo-streaming.jp/webevents/yahoo/event/5cm/...
※音アリ。Windows Media形式のストリーミング

しかもこの作品はその後プロになった作者がサラリーマン時代につくったというのだからすごい。才能とデジタル革命がなせる技か。ナレーションの声も雰囲気があっていいなぁ、と思ったら作者自身(!)の声でした。

来春には新作「秒速5センチメートル」が渋谷シネマライズで公開されるとのこと。秒速5センチメートルってなんのことだろうと思ってたら、桜が散り落ちる速度だと知って背筋がひんやりしました。作者の大学時代の専攻が国文学というところにも妙に納得。

「秒速5センチメートル」 予告編
http://meta.yahoo-streaming.jp/webevents/yahoo/event/5cm/...


監督 新海誠 プロフィール

1973年長野県生まれ。大学で国文学を専攻。5年間のゲーム開発会社勤務を経て、専業映像作家として活躍中。

2000年に「彼女と彼女の猫」、2002年にフルデジタル作品「ほしのこえ」を発表、人気に火がつく。「ほしのこえ」で新世紀東京国際アニメフェア21「公募部門優秀賞」、第6回文化庁メディア芸術祭「特別賞」など多数の賞を受賞。

2004年には「雲のむこう、約束の場所」が渋谷・シネマライズほか全国の劇場で公開され、ロングランを記録。第59回毎日映画コンクール「アニメーション映画賞」ほか、国内外の映画祭でも受賞。海外でも高い評価を受ける。DVDも好調なセールスを記録し、北米、台湾、韓国ほか、30か国以上での発売も決定。

http://5cm.yahoo.co.jp/index.html
[PR]
by raa511 | 2006-08-19 09:50 | ブックマーク